2017-06-16 emerg 0Comment

夫婦関係を終わらせるということは、本人同士の問題だけではなく、子供の問題、双方の両親や親戚関係、金銭的な問題、住宅の問題まで含みます。

それらの問題を抱えてでも、あなたとの別離を決めた妻の思いを全身で受け止めなければいけません。そして、妻は夫であるあなたが思っている以上にあなたとの夫婦生活について時間をかけ、深く考えている事が多いのです。

よく「結婚する労力よりも、離婚する労力は計り知れないほど大きい」といわれますよね。妻がどんな思いであなたとの別離を決めたのかということを本当に理解しなければ、復縁は難しいでしょう。

夫であるあなた自身もそうだったでしょうが、妻は、日常生活の中で、ある程度の我慢を重ねています。育った環境が異なる他人が生活を共にするのですから、細かな考え方や習慣、価値観の違いは否めません。

そこはお互い様といえますし、どの夫婦にでもあることです。ならばどうしてこの社会において離婚する夫婦は絶えないのか。

もともとの忍耐力の差もある程度は考えられますが、コミュニケーションが足りているのか不足しているのかという点にあるようです。

夫であるあなたとの別離を決意した妻は、円満に、かつ長時間、あなたの話しを聞き続けるような場を持ってくれないかもしれません。

女性は現実主義者ですから、「君がいないと僕は駄目なんだ」というようなあなたの気持ちだけを伝えるような説き文句で復縁してもらえるほど、夫との別離を決めた女心を動かすのは簡単ではありません。

「子供の為には夫婦が揃っている方がいいよ」もいけません。そんなことは十分に考えた末あなたとの別離を決意しているのです。

復縁を求めるなら、それ相応の覚悟が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です