2017-07-06 emerg 0Comment

別れた彼女のことを振り向かせるためには、メールで復縁を迫ってみることも効果的です。しかし、ただメールを送れば良いというわけではありません。

ほとんどの人は別れてから連絡を取っていないと思われますから、久し振りのメールになるわけですよね。

そこでいつも通りのメールを送って復縁の話を持ち出しても、「今更何言ってるの?」と思われたり、彼女の受け取り方によっては冗談かと思われてしまうことも考えられます。

復縁を迫るときにいつも通りのメールを送っても、復縁の成功率は限りなく低いと見て良いでしょう。

では、どんなメールで復縁を迫れば成功する確率が上がるのでしょうか?そこには効果的に「セリフ」を使うことがポイントとなります。

実際に口で言うのは恥ずかしいセリフも、メールでなら言えてしまうところがありますから、復縁を迫るときにはセリフを効果的に使ってみることがおすすめなのです。

「復縁しよう」とか「もう一度やり直そう」といったようなセリフは、文章にしてみるととても普通のセリフですよね。

直接彼女に伝えるにはこうした飾り気のないセリフが効果的なのですが、このセリフをメールで送るとなると少し味けないものに見られてしまいます。

メールは言葉だけの世界ですから、ストレートなセリフで復縁を迫っても断られる確率が高いと言えます。これは告白をするときにも言えることです。

メールで告白をする場合と直接相手の顔を見て告白する場合とでは、告白するセリフにも差を出した方が良いのです。

直接告白する場合ならば、相手の目を見て「好きです」「付き合ってください」と伝えれば思いはまっすぐ届きますが、メールで同じようなセリフを送っても、送られた相手は何か物足りないと感じてしまうのです。

なので、メールで復縁を迫るときにも、この告白の例と同じようにストレートなセリフは避けるようにすると良いでしょう。

また、ストレートなセリフは誰にでも言えてしまうようなことですから、自分なりにセリフを考えて彼女にメールを送ってみましょう。他の人とは違うのだということを、自分で考えたセリフによって伝えるのです。

彼女が誰にでも言われているようなセリフでは、一度別れてしまった彼女の心を振り向かせることは難しく、復縁が叶う確率も高いとは言えません。

例えあなたしか思えない気持ちでも、言葉が普通では伝わるものも伝わらなくなってしまいます。

逆にあなたにしか伝えられないセリフであなたの気持ちを伝えれば、あなたが彼女に伝えたいことをすべて伝えることができるのです。

復縁の話をする、ということは、二人の関係をもう一度スタートさせるために必要な段階ですから、あなたはあなたにしか言えないセリフで彼女のことを振り向かせましょう。

完全に復縁するまでには様々な障害もありますし、長い時間がかかってしまうものですが、いつの日か彼女の心を振り向かせるために努力を重ねていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です