2017-08-05 emerg 0Comment

復縁はなかなか上手くいかないものですが、特に上手くいかない理由としては、あなたのやり方が間違っていることが考えられます。

いくら復縁したいからといって、どんな手段を使っても良いというわけではありません。何をしても良いなら復縁にルールなどはありませんし、復縁をすることに対して迷いや悩みを抱えることもなくなるでしょう。

しかし、現実は復縁をすることに対する迷いや悩みに囲まれ、どうすれば復縁に成功するのか試行錯誤してしまうものです。そのため、間違ったやり方で復縁を試みる人が出てきてしまったり、復縁に失敗してしまう人が現れてしまうのです。

では、どんなやり方が復縁の失敗を招いてしまうのでしょうか?ここでは復縁に失敗してしまう人の5つの特徴を見ていきましょう。

まず1つ目の特徴としては「自己中心的」であることが考えられます。

復縁相手の気持ちを考えず一人だけで突っ走ってしまうタイプになりますが、この場合は自分の思い通りにならないことで相手に迷惑をかけてしまうことが失敗の原因となっています。

相手に迷惑をかけるのは人として問題があるので、よく自分を見つめ直す必要があります。

また2つ目の特徴である「過剰な行動力」も復縁の失敗に繋がりやすくなっています。

復縁をするにはあなたから行動することはとても重要なことですが、その行動が過剰な場合は失敗を招きやすいとされています。

相手の家に押し掛けたり、職場にまで電話をかけたり、過剰な行動はあなたの印象を悪くしてしまいます。

そして3つ目の特徴である「何でも相手に合わせる」という点も相手から冷たい目で見られる原因になります。復縁は相手がその気にならなくてはできませんから、ついつい相手に合わせがちになってしまいます。

しかし、何でも相手に合わせてしまっていると「自分を持っていない」とか「一体何がしたいんだ」と誤解されてしまいます。相手に合わせすぎてしまうのも失敗に繋がりやすいので、注意しておきましょう。

それから4つ目の特徴としては「想い出話」が挙げられます。元々恋人同士だったのですから、想い出話をするのは仕方のないことかもしれませんが、復縁は過去と同じことを繰り返すためにあるのではありません。

これからの未来のふたりの関係を良くしていくためには、想い出話はほどほどに、これからのことを話していくようにしましょう。

では、最後に5つ目の特徴になりますが、これは最大の特徴で「現実を見ていない」ことが挙げられます。

もし相手に既に新しいパートナーがいたら復縁の可能性は限りなく低いでしょう。

それでも諦めたくない気持ちがあるならば、相手のことを追いかけ続けても良いですが、そうしているうちに自己中心的になったり、過剰な行動力が出てきてしまったり、復縁に失敗する特徴だらけになってしまい兼ねません。

復縁に成功するためにも、もう一度自分をよく見つめ直してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です