2017-08-15 emerg 0Comment

別れた恋人とやり直したい、もう一度ちゃんと向き合いたい、と思っている人は山ほどいます。しかし、そこから復縁へと実行していく人が全てではありません。

復縁に対して不安を抱いている人も多いですし、復縁したいと思っていても相手にその気がなかったら…と恋愛に臆病になってしまっている人がほとんどです。

もちろん、あなたが復縁したいという気持ちでいても、相手に復縁する気がない場合は大いに考えられることですが、それはあなたの勘違いである可能性もあります。

相手の気持ちをしっかり聞いていないのであれば、それはあなたが勝手に考えていることで、相手の心理がわかっているわけではありません。

と、同時にあなたの心理も相手に伝わっていないことになりますから、復縁を考えている場合は一度ふたりきりで会って話をする必要があります。

相手に連絡を取るのは電話やメールで構いませんが、復縁の話をするのは直接ふたりで会った時がベストです。

電話やメールで復縁の話をしても、相手にその気がない時は無視されてしまうこともありますし、話のケリが着かないまま連絡が取れなくなってしまうことも考えられます。

なので、まずは電話やメールで連絡を取った後、直接相手と会って復縁の話を持ちかけるようにすると良いでしょう。

そしてその時に重要ポイントとなるのが、あなたと相手の心理状況です。あなたはもう一度やり直したい、恋人同士に戻りたい、という心理状況で相手と会うことになるかと思いますが、相手の心理状況は一体どうなっているのでしょうか?

相手にも復縁したい気持ちが少しでもあれば、あなたと会えることを嬉しく思っているかもしれませんし、復縁できたら…と期待感を持っていることも考えられますね。

相手がそうした心理を持っている場合は、復縁の話も上手く進展していくものですが、大抵の場合は相手にその気がないことが考えられます。

復縁したいと思っているのはあなただけで、相手はもうあなたと恋愛関係になる気はなかったり、または既に新しい恋人ができていたり、「復縁したい」という心理状況ではない場合は、復縁の話を進めていくのは非常に難しいでしょう。

このような心理状況は、あなたが相手と会った時の表情でなんとなくわかってくるものです。表情に少しこわばりがあったり、話し方に緊張感が見られる場合は、あなたと会うことで動揺していることがわかります。

こうした場合は復縁に迷っているかもしれませんし、復縁の話をされたらどうしよう、と不安に思っていることも考えられますが、逆に不自然なくらい優しかったり、笑顔だったりする場合は、あまり復縁のことは考えていないと思われます。

何の心配の表情もなく別れた恋人と会うようなら、ただの友達と会う感覚である場合が多いのです。ある程度の心理は表情で読み取ることができますので、相手と会ったときには表情の変化をよく観察してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です